堀田研究室

リンク



名城大学

名城大学理工学部

名城大学理工学部電気電子工学科

発表論文・著書・受賞(2010年〜)



受賞:
西田賢志郎,名城大学卒業修士論文優秀発表賞, Mar. 2017.

高橋真央,名城大学卒業論文優秀発表賞, Mar. 2017.

熊谷章平(名城大学 堀田研),(名古屋大学間瀬研)
第20回 PRMUアルゴリズム
コンテスト 審査員特別賞,Dec.2016.

Takahiro Ishida, IEEE Nagoya Section Excellent student Award,
Mar. 2017.

梅村将生, ISPRS奨励賞, May. 2016.

Masaki Umemura, IEEE Nagoya Section Excellent student Award,
Mar. 2016.

渡邊美月,電気学会東海支部長賞, Mar. 2016.

原 健翔(名古屋大学 間瀬研),村田 隆英(中部大学 藤吉研), 梅村将生(名城大学 堀田研),
第19回 PRMUアルゴリズム
コンテスト 優秀賞,Dec.2015.

Takumi Hayashi, IEEE Nagoya Section Excellent student Award,
Mar. 2015.

林巧,名城大学修士論文優秀発表賞, Mar. 2015.

石田貴大,名城大学卒業論文優秀発表賞, Mar. 2015.

原 健翔(名古屋大学 間瀬研),福井 宏(中部大学 藤吉研),木村 真稔(中部大学 藤吉研),
喜多川 洋(中部大学 藤吉研),長谷川 凌馬(名城大学 堀田研),第18回 PRMUアルゴリズム
コンテスト 最優秀賞,Dec.2014.

熊谷章平, 日本学術振興会特別研究員(DC2), 2014

熊谷章平, 電子情報通信学会 東海支部学生研究奨励賞,2014

熊谷章平,“識別器および回帰分析を用いた細胞内画像からの輝点計数”,
名城大学修士論文優秀発表賞, Mar. 2014.

辻元康了,“Bag of Wordsを利用した嗜好学習型の注視物推定器の作成”,
名城大学卒業論文優秀発表賞, Mar. 2014.

熊谷章平,堀田一弘,“複数特徴量とPartial Least Squares回帰による細胞内画像中の輝点計数”
平成25年度電気関係学会東海支部連合大会奨励賞,Dec.2013.

原健翔(名古屋大 間瀬研), 熊谷章平(名城大 堀田研), 若山涼至(中部大 藤吉研),
長谷川昴宏(中部大 藤吉研), 第17回 PRMUアルゴリズムコンテスト 最優秀賞,Dec.2013.

Shohei Kumagai, IEEE Nagoya Section Excellent student Award,
Mar. 2012.

伊藤翔平,“クラスタリングにより作成したマスクパターンを用いた行動認識”,
名城大学卒業論文優秀発表賞, Mar. 2012.

Toshiaki Okabe, IEEE Nagoya Section Excellent student Award,
Mar. 2011.

岡部敏明,“SIFT特徴とBayesの事後確率を用いたメラノソーム追跡”,
名城大学卒業論文優秀発表賞, Mar. 2011.

堀田一弘,映像情報メディア学会誌 4月号ベストオーサー賞, 2010.


著書&Book chapter:
高橋治久,堀田一弘,「学習理論」 コロナ社

Kazuhiro Hotta, "Non-Linear Feature Extraction by Linear Principal
Component Analysis Using Local Kernel," chapther 5 in Pattern
Recognition Recent Advances (ISBN 978-953-7619-90-9), Feb. 2010.
http://sciyo.com/books/show/title/pattern-recognition-recent-advances


堀田一弘,第12章 第5節“顔認識技術を活用した研究開発テーマの発掘,”
in「技術シーズからの研究開発テーマの発掘」,技術情報協会, Jul. 2013.

堀田一弘,“画像からの対象検出,”in 「Computer Graphics Gems JP 2013」,
ボーンデジタル,Aug. 2013.
Computer Graphics Gems JP 2013

論文誌:
R.Hasegawa and K.Hotta, “PLSNet: Hierarchical Feature Extraction using Partial
Least Squares Regression for Image Classification,” TEEJ Transactions on Electronics,
Information and Systems, Vol. 12, No. S2, pp. , Dec. 2017.

高田大雅,堀田一弘,“三つのモデルの統合と適応的学習による群衆中
の人追跡,”電気学会論文誌C, Vol. 137, No.9, pp.1258-1265, Sept. 2017. (Accepted)

熊谷章平,大西正輝,堀田一弘,“学習画像の適応選択による動画像中の
群衆領域の推定,” 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J99-D, No.8, pp.-,Aug. 2016..

熊谷章平,堀田一弘,“Partial Least Squares回帰及び複数特徴量間HLAC特徴を
用いた細胞内画像中の粒子計数,”電気学会論文誌C, Vol. 135, No.2, pp.?-?,
Feb. 2015.

S.Kumagai and K.Hotta, “Particle detection in intracellular images and radius estimation
by circle fitting,” TEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol.10,
No.2, Mar. 2015.
T.Okabe and K.Hotta, “Melanosome Tracking Using Automatic Error Correction,”
IEICE Trans. on Information and Systems, Vol.E97-D, No.12, 2014.


丹羽 貴也,堀田一弘,“文脈情報を用いた教師付データが少ない場合に有効な
細胞内画像からの輝点検出,”電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 11,pp.1731-1737, 2014.

T.Omiya and K.Hotta, "Image Labeling by Integration of Local Co-occurrence
Histogram and Global Features," Journal of Advanced Computational Intelligence
and Intelligent Informatics, Vol.18, No.4, pp.511-517, 2014.

K.Chigusa and K.Hotta, "Asbestos Detection Method in Building Materials by
Integration of Various Classifiers," Journal of Signal Processing, Vol. 18, No. 1,
pp.57-62, 2014.

熊谷章平,堀田一弘, "識別器を用いた細胞内画像からの輝点計数," 電子情報
通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.4, pp.904-908, Apr. 2013.

K.Hotta, "Local co-occurrence features in subspace obtained by KPCA of local
blob visual words for scene classification," Pattern Recognition, Vol.45, No.10,
pp.3687-3694, 2012.
K.Hotta, “Local AutoCorrelation of Similarities with Subspaces for Shift Invariant
Scene Classification”, Pattern Recognition, Vol.44, No.4, pp.794-799, Apr. 2011.

H.Nagai, H.Takahashi and K.Hotta, “Fast Human Action Recognition Using
Conditional Random Field,” Journal of Signal Processing , Vol.14, No.6, pp.499-505,
Nov. 2010.

K.Hotta, “Local Normalized Linear Summation Kernel for Fast and Robust
Recognition”, Pattern Recognition, Vol.43, No.3, pp.906-913, Elsevier,
Mar. 2010.

堀田一弘,“顔認識の研究動向,”映像情報メディア学会誌,pp.7-10,Apr.2010.
(4月号ベストオーサー賞)

A.Nomoto, K.Hotta and H.Takahashi, “Asbestos Detection in Building
Materials Through Consolidation of Similarities in Color and Shape
Features,” Journal of Robotics and Mecatoronics, Vol.22, No.4, pp.
496-505, Aug. 2010.


解説記事:
堀田一弘,“顔認識の研究動向,” 画像ラボ, Vol.21, No.12,
pp.15-20, 日本工業出版社, Dec.2010.
堀田一弘, "細胞内画像からの粒子検出と追跡," 日本医用画像工学会論文誌 (MIT誌), Vol. 33, No. 3, pp.90-96, 2015.

堀田一弘, "機械学習を用いた細胞内画像中の粒子検出," 画像ラボ, Vol.27, No. 2, pp.59-64, Feb.2016.


セミナー講師:
堀田一弘, 栗田多喜夫, 環境変化にロバストな顔画像検出及び顔画像
認識入門,(株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー, オームビル,
Dec.2 2010.

堀田一弘, 顔検出の枠組みと異分野への応用,平成23年度名城大学
理工学部市民開放講座,Oct.8, 2011.

堀田一弘, 学習理論の基礎とコンピュータビジョンへの応用,
第76回ロボット工学セミナー ロボットに利用できるコンピュータビ
ジョン技術最前線:基礎から応用まで,東京大学, May 16 2013.

堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用 〜理論と
応用をセットにしてわかりやすく解説〜,(株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー,
ちよだプラットフォーム,Aug.23 2013.


堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用
〜顔認識、行動認識、アスベスト検出、細胞内画像処理等の具体的な
応用例と理論をセットにした解説〜, (株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー,
オームビル, Feb.12 2014.


堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用
-多変量解析・SVM・Deep Learning-, SSII2014チュートリアル講演, June 2014.
講演のスライド


堀田一弘, 機械学習・パターン認識の基礎と推定・認識・検出へ
の応用機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用, 日本テクノセミナー, July 24 2014.


堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用
〜顔認識、行動認識、アスベスト検出、細胞内画像処理等の具体的な
応用例と理論をセットにした解説〜, (株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー,
オームビル, Sept.16 2014.


堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用
〜多変量解析、SVM、Deep Learning、Random Forest等を具体的な応用例と共に解説〜,
(株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー, オームビル, Jan.27 2015.

堀田一弘, 『機械学習』の基礎と応用〜コンピュータビジョンへの応用と最新事例〜
(株)情報機構セミナー, タワーホール船堀, May.15 2015.

堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用
〜多変量解析、SVM、Deep Learning、Random Forest等を具体的な応用例と共に解説〜,
(株)トリケップス主催 NTT-AT共催セミナー, オームビル, June 3 2015.

堀田一弘, 機械学習の画像認識への応用
理研セミナー, Aut.20 2015.

堀田一弘, 機械学習・パターン認識の基礎と推定・認識・検出への応用例
?多変量解析、ベイズ定理、Deep learning、SVM、Random Forest?,
(株)日本テクノセミナー, Sept.25 2015.

堀田一弘, 『機械学習』の基礎と応用 〜コンピュータビジョンへの応用と最新事例
(株)情報機構セミナー, Nov.14 2015.



堀田一弘,機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用〜SVMとDeep Learningを中心に
応用例と共に解説〜,(株)トリケップス主催, オームビル,Jan.23 2017.
堀田一弘, ディープラーニングによる画像認識の高精度化 in 第6回エネルギーシステムシンポジウム
[Deep learing, AI, IoTは世の中をどう変えるか],Feb.23, 2017.
堀田一弘, 機械学習・パターン認識の基礎と画像認識・物体認識への応用 
?デモ付?(株)日本テクノセンター, 日本テクノセンター研修室,Apr.14 2017.
堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用,(株)サイエンス&
テクノロジー,きゅりあん,May.19 2017.
堀田一弘, 機械学習法の基礎とコンピュータビジョン応用〜SVMとDeep Learning
を中心に応用例と共に解説〜,(株)トリケップス主催, オームビル,Jun.2 2017.
堀田一弘,ディープラーニングによる人工知能の進展,名城大学技術師会講演会,
Jun.3 2017.
堀田一弘,ディープラーニングの進展とセグメンテーション応用,理研セミナー
Aug.31 2017.
国際会議:
K.Adachi and K.Hotta, “Model Free Object Tracking Using CNN features and Color
information,” International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications
, Dec. 2017.
T.Takeshita and K.Hotta, “Action Recognition Using Motion Emphasis and Video
Divisions,” International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications, Dec.2017.
M.Sato, K.Hotta, A.Imanishi, M.Matsuda and K.Terai, “Segmentation of cell
membrane and cell nucleus Using pix2pix of Local Regions ,” International Symposium
on Imaging Frontier(ISIF2017), Jul.8-9 2017.
M.Umemura and K.Hotta, “Segmentation of LiDAR Intensity Using CNN feature Based
on Weighted Voting,” International Conference on Image Analysis and Recognition
(ICIAR2017), Lecture Notes in Computer Science Vol., pp., Springer, Canada, 2017.
R.Hasegawa and K.Hotta, “Hierarchical Feature Extraction Using Partial Least Squares
Regression and Clustering for Image Classification,” International Conference on Computer
Vision Theory and Applications (VISAPP2017), pp., Portogal, Feb.27-Mar.1 2017.
K.Toyoda and K.Hotta, “Abnormal Detection by Iterative Reconstruction,” International
Symposium on Visual Computing (ISVC2016), Lecture Notes in Computer Science,
Vol.10072, pp.443-453, Las Vegas, USA, Dec.12-14 2016.
K.Nishida and K.Hotta, “Particle Detection in Crowd Regions Using Cumulative Score of CNN,”
International Symposium on Visual Computing (ISVC2016), Lecture Notes in Computer Science,
Vol.10072, pp.566-575, Las Vegas, USA, Dec.12-14 2016.
H.Takada, K.Hotta and P.Janney, "Human Tracking in Crowded Scenes Using Target Information at
Previous Frames,” International Conference on Pattern Recognition (ICPR2016),
pp.1810-1815, IEEE, Cancun, Dec.4-8 2016.

R.Hasegawa and K.Hotta, "PLSNet: A Simple Network Using Partial Least Squares
Regression for Image Classification,” International Conference on Pattern Recognition
(ICPR2016), pp.1602-1607, IEEE, Cancun, Dec.4-8 2016.

M.Umemura, K.Hotta, H.Nonaka and K.Oda, "IMAGE LABELING FOR LIDAR
INTENSITY IMAGE USING K-NN OF FEATURE OBTAINED BY
CONVOLUTIONAL NEURAL NETWORK," XXIII ISPRS Congress, Jul.2016.

K.Toyoda and K.Hotta, “A Particle Detection Method Using Robust PCA,” IEEE/SICE
International Symposium on System Integration (SII2015), pp.438-442, IEEE, Nagoya,
Dec.11-13 2015.

N.Morimoto and K.Hotta, “A Object Classification Method Using Product of Randomly
Selected Elements,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015),
pp.428-432, IEEE, Nagoya, Dec.11-13 2015.

T.Ishida and K.Hotta, “Image Labeling by Integrating Local, Middle and Global Information,”
International Conference on Digital Image Computing: Techniques and Applications
(DICTA2015), pp., IEEE, Australia, Nov. 2015.

H.Takada and K.Hotta, "Robust Human Tracking to Occlusion in Crowded Scenes,”
International Conference on Digital Image Computing: Techniques and Applications
(DICTA2015), pp. , IEEE, Australia, Nov. 2015.

R.Hasegawa and K.Hotta, “Stacked Partial Least Squares Regression for Image
Classification,” Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR2015), pp., IEEE,
Nov.3-6 2015 .

K.Nishida and K.Hotta, “Scale Invariant Particle Detection Using CNN of Log-Polar
Images.,” IEEE CVPR Workshop on BioImage Computing, Boston, USA, Jun.7-12 2015

T.Omiya, T.Ishida and K.Hotta, “Image Labeling by Integrating Global Information
by 7 Patches and Local Information,” International Conference on Computer Vision
Theory and Applications, pp.-, Berlin, Germany, Mar.11-14 2015.(Oral)

Y.Tani and K.Hotta, “Robust Human Detection Using Bag-of-Words and Segmentation,”
International Conference on Computer Vision Theory and Applications, pp.-, Berlin,
Germany, Mar.11-14 2015. (Oral)

S.Kumagai and K.Hotta, “HLAC between Cells of HOG Feature for Crowd Counting,”
International Symposium on Visual Computing (ISVC2014) , Dec.8-10 2014.(Oral)

Y.Tani and K.Hotta, "Robust Human Detection to Pose and Occlusion Using
Bag-of-Words," International Conference on Pattern Recognition (ICPR2014),
pp.4376-4381, IEEE, Aug.24-28 2014.

T.Okabe and K.Hotta, “Accuracy Improvement of Melanosome Tracking by Error
Correction,” International Conference on Digital Image Computing: Techniques and
Applications (DICTA2013), pp.320-327, IEEE, Australia, Nov.26-28 2013.

S.Kumagai and K.Hotta, “Light Spot Counting in Intracellular Images using Partial
Least Squares Regression and Correlation between Features,” 1st International
Workshop on BioImage Recognition (BIR2013), pp.275-280, IEEE, Matsuyama, Dec.4-6 2013.

T.Hayashi and K.Hotta, "Action Recognition Using Effective Mask Patterns Selected from
an Classificational Viewpoint,” IEEE International Symposium on Multimedia (ISM2013),
pp.140-146, IEEE, Anaheim, Dec.9-11 2013. (Regular paper: acceptance rate is 21.3%)

S.Kumagai and K.Hotta, “Light Spot Counting in Intracellular Images using Partial
Least Squares Regression,” 14th International Conference on Systems Biology,
pp.491, Copenhagen, Aug.30-Sept.3 2013.

T.Niwa and K.Hotta, “Light Spot Detection in Intracellular Images Using
Contextual Information,” 14th International Conference on Systems Biology,
pp.496, Cophenhagen, Aug.30-Sept.3 2013.

K.Chigusa and K.Hotta, “Asbestos Counting in Building Materials by Integrating
Various Kinds of Classifiers,” International Workshop on Nonlinear Circuits and
Signal Processing (NCSP2013), pp. , Hawaii, USA, Mar.4-7 2013. (Oral)

M.Shimomura and K.Hotta, "Melanosome Tracking Using Prediction by Support
Vector regression and Revision by Appearance Features," 10th International
Conference on Signal Processing (SPPRA2013), pp.452-457, Austria Feb. 2013 (Oral).

T.Omiya and K.Hotta, “Image Labeling Using Integration of Local and Global
Features,” International Conference on Pattern Recognition Applications
and Methods (ICPRAM2013), Spain, Feb.15-17 2013. (Acceptance rate = 59%)

T.Niwa and K.Hotta, "Unsupervised Light Spot Detection Using Background
Subtraction,"International Conference on Pattern Recognition Applications
and Methods (ICPRAM2013), Spain, Feb. 2013. (Acceptance rate = 59%)

S.Ito, T.Hayashi and K.Hotta, "Unsupervised Mask Patterns Generation for
Extracting Action Specific Motion Features,” 8th International Conference
on SIGNAL IMAGE TECHNOLOGY & INTERNET BASED SYSTEMS
(SITIS2012), pp.351-358, IEEE, Italy, Nov. 2012 (Oral).

S.Kumagai and K.Hotta, "Counting and Radius Estimation of Lipid Droplet in
Intracellular Images," IEEE International Conference on Systems, Man, and
Cybernetics (SMC2012), pp.67-71, IEEE, Korea, Oct.2012 (Oral).

T.Okabe and K.Hotta, "Melanosome Tracking Using by Bayes Theorem and
Estimation of Movable Region," International Conference on Pattern
Recognition Applications and Methods (ICPRAM2012), pp.482-487,Portogal, Feb.2012.

K.Hotta, "Scene Classification Using Candidate Classes Selection with
Particle Filter and Criterion Mining for Final Decision with Adaboost,"
International Conference on Digital Image Computing: Techniques and
Applications (DICTA2011), IEEE, Australia, Dec.2011. (Oral acceptance rate = 37.5%)

K.Hotta, "Scene Classification Using Adaptive Integration of Reconstruction
Errors," Asian Conference on Pattern Recogntion (ACPR2011), China, Nov.2011.

S.Kumagai, T.Itoh, K.Hotta, "Light Spot Counting in Intracellular Images Using
Regression and Classifier", International Conference on Systems Biology,
Germany, Aug.2011.

K.Hotta, “Integration of Reconstruction Error Obtained by Local and Global
Kernel PCA with Different Role,” 19th International Conference on Computer
Graphics, Visualization and Computer Vision (WSCG2011), Czech Republic, Feb.2011. (Oral)

K.Hotta, “Scene Classification Using Local Co-occurrence Feature in
KPCA Space of Local Blob Visual Words,” International Conference on
Pattern Recognition (ICPR2010), Aug.2010.



国内会議:
竹下琢郎, 堀田 一弘, “3分割したビデオのCNNによる行動認識,”
平成29年度電気・電子・情報関係学会, Sep.2017.

足立慧一郎, 堀田 一弘, “,”平成29年度電気・電子・情報関係学会,
Sep.2017.

梅村将生, 堀田一弘, 野中秀樹, 織田和夫, "適切な局所領域サイズによる
重み付け統合を用いた反射強度オルソ画像中の対象認識," 画像の認識・理解シ
ンポジウム(MIRU2017),PS, 広島,Aug.7-10 2017.

神谷涼介, 堀田一弘, 野中秀樹, 織田和夫, "," 画像の認識・理解シンポジ
ウム(MIRU2017),PS, 広島,Aug.7-10 2017.

小見山知也, 堀田一弘, 野中秀樹, 織田和夫, ",” 画像の認識・理解シンポジ
ウム(MIRU2017),PS, 広島,Aug.7-10 2017.
村田智和, 堀田 一弘, "局所的Denoising AutoEncoderによる異常箇所の自
動特定," SSII2017,横浜,June 7-9 2017.

飯島佑樹,梅村将生, 堀田 一弘, "文脈情報を用いた車の検出と t-SNEに
よる可視化," SSII2017,横浜,June 7-9 2017.

高橋真央,竹下琢朗, 堀田 一弘, "CNNを用いた画像に応じた特徴量選択による
対象識別," SSII2017,横浜,June 7-9 2017.

神谷涼介,堀田一弘,野中秀樹,織田和夫,“pix2pixを用いたLiDARデータから
の画像ラベリング,”日本写真測量学会 年次学術講演会,G-2, pp.71-74,
> May 25-26, 2017.

長谷川凌馬,堀田一弘,“PLS回帰とクラスタリングを利用したネットワークによる画像識別”
動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2017),OS1-4, Mar.9-10 2017.

豊田 健太,堀田一弘,“機械学習法による自動検査技術の開発 −再学習法とフィルタリング
による異常箇所検出の高精度化−”動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2017), OS4-3,
Mar.9-10 2017.

西田賢志郎,堀田一弘,“CNNによる距離予測スコアの集積と抑制に基づく細胞内粒子検出”
動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2017),IS1-18, Mar.9-10 2017.

豊田 健太, 堀田 一弘, "良品画像への置き換えと復元の繰り返しによる異常箇所の特定,"
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016),PS1-12, 浜松,Aug.1-4 2016.

熊谷 章平, 堀田 一弘, "複数のConvolutional Neural Networkの適応統合による群衆計
数,"画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016),PS2-23, 浜松,Aug.1-4 2016.

竹下 琢郎, 堀田 一弘, "色と動きのCNN特徴の差分に基づく行動認識," 画像の認識・理解シ
ンポジウム(MIRU2016),PS3-56, 浜松,Aug.1-4 2016.

長谷川 凌馬、堀田 一弘, "Deep PLSNet: PLS回帰を利用したネットワークの多層化による画
像識別," SSII2016,IS1-30, 横浜,June 8-10 2016.

高田 大雅、堀田 一弘、Janney Pranam, "過去の対象情報を利用した群衆中の人追跡,"
SSII2016,IS2-02, 横浜,June 8-10 2016.

村田 智和、堀田 一弘, "CNNによる特徴抽出とSVMを用いた外観検査," SSII2016,IS2-18,
横浜,June 8-10 2016.

熊谷 章平、堀田 一弘, "特定の見えに特化したCNNの統合による画像中の対象計数,"
SSII2016,IS3-06, 横浜,June 8-10 2016.

豊田 健太、堀田 一弘, 部分空間法とロバスト統計を用いた不良箇所の自動特定,"
SSII2016,IS3-22, 横浜,June 8-10 2016.

堀田一弘, “Convolutional Neural Networkを用いた密集領域に頑健な細胞内の粒子計数,”
バイオイメージインフォマティックス,大阪,Jun.22-23 2016.

熊谷章平,堀田一弘, “Mixture of Regressionsに基づくCNNの統合による細胞内画像中の粒
子計数," バイオイメージインフォマティックス,大阪,Jun.22-23 2016.

西田賢志郎,堀田一弘, “CNNを用いたスコアパッチの集積による粒子検出,”
バイオイメージインフォマティックス,大阪,Jun.22-23 2016.

渡邊美月,堀田一弘, “ディープラーニングを用いた細胞内の粒子計数” バイオイメージインフォマティックス,
大阪,Jun.22-23 2016.

梅村将生, 堀田一弘, 織田和夫, 野中秀樹, "Convolutional Neural Networkに
よる特徴抽出と K-最近傍法を用いたオルソ画像中の対象認識," 写真測量学会
平成28年度年次学術講演会,May 2016.

長谷川凌馬,堀田一弘,“ PLSNet: PLS回帰を利用したネットワークによる画像識別”
電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッション, Mar.2016.

森本直,堀田一弘,“CNNの異なる階層からランダムに選択した特徴量の積を用いた対象識別,”
電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッション, Mar.2016.

西田賢志郎,堀田一弘,“CNNによる位置予測の投票に基づく粒子検出,” ビジョン技術の
実利用ワークショップ(View2015), pp.348-353, Dec.3-4 2015.

森本直,堀田一弘,“ランダムに選択した特徴量の組み合わせを用いた対象識別,”
東海支部大会, M2-4, Sept.28-29 2015.

石田貴大,堀田一弘,“局所情報・中間情報・大域情報の統合による画像ラベリン
グ”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015),SS, 大阪,Jul.27-30 2015.

西田賢志郎,堀田一弘,“大きさの変化に頑健な細胞内画像中の粒子検出”画像の
認識・理解シンポジウム(MIRU2015),SS, 大阪,Jul.27-30 2015.

長谷川凌馬,堀田一弘,“Partial Least Squares回帰の階層化による画像識別”
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015),SS, 大阪,Jul.27-30 2015.

熊谷章平,大西正輝,堀田一弘,“少数の画像モデルを用いた混雑環境下における
群衆領域の推定”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015),SS, 大阪,Jul.27-30 2015.

高田大雅,堀田一弘,“隠れに頑健な群衆中のリアルタイム人追跡”画像の認識・
理解シンポジウム(MIRU2015),SS, 大阪,Jul.27-30 2015.

堀田一弘, “ディープラーニングを用いた細胞内画像中の粒子検出 および
誤りの可能性を考慮した粒子追跡,”バイオイメージインフォマティックス,
福岡,Jun.18-19 2015.

熊谷章平,堀田一弘, “Partial Least Squaresによる分離的な部分空間を用いた細
胞内画像中の粒子計数,”バイオイメージインフォマティックス,福岡,Jun.18-19 2015.

西田賢志郎,堀田一弘, “Convolutional Neural Networkを用いた脂肪滴の
検出,”バイオイメージインフォマティックス,福岡,Jun.18-19 2015.

堀田一弘,Larry S.Davis, “テスト画像の識別に有効な特徴量の強調に
よる対象識別,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
SS2-35, 岡山,Jul.28-30 2014.

谷雄太,堀田一弘,“Bag of Words に基づく大きさ違いによるノイズを軽減した
人検出,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
SS2-55 , 岡山,Jul.28-30 2014.

尾宮匠人,石田貴大,堀田一弘,“K-NNによる大域情報と局所情報を
統合した画像ラベリング”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)
,SS1-40, 岡山,Jul.28-30 2014.

熊谷章平, 堀田一弘,“PLSにより生成された回帰に有効な部分空間
を用いた群衆計数,” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014),SS3-19,
岡山,Jul.28-30 2014.

熊谷章平,堀田一弘,“HOG特徴量間の高次局所自己相関とPLS回帰を
用いた監視カメラ中の群衆計数,”SSII2014,横浜,June11-13 2014.

熊谷章平,堀田一弘,“性質の異なる計数手法を用いた細胞内画像中の
粒子計数,” バイオイメージインフォマティックス,June 9-10 2014.

谷雄太,堀田一弘,“Bag of Wordsに基づく大きさ毎のスコアマップを
用いた人検出,” 電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッショ
ン, Mar. 2014.

熊谷章平,堀田一弘,“複数特徴量とPartial Least Squares 回帰による
細胞内画像中の輝点計数,”東海支部大会,J2-5, 静岡大学,Sept.24-25 2013.

谷雄太,堀田一弘,“Bag of Words を用いた人領域の検出,”東海支部大会,
J2-6, 静岡大学,Sept.24-25 2013.

丹羽貴也, 堀田一弘,“文脈情報を用いた細胞内画像からの輝点検出,”
画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),pp., 東京,Jul.30-Aug.1,
2013.

林巧,堀田一弘,“変数選択法により選択された有効なマスクパターンを
用いた行動認識,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),pp.,
東京,Jul.30-Aug.1, 2013.

熊谷章平,堀田一弘,“細胞内画像中の輝点検出と円当てはめによる
最適な半径の推定,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),
pp., 東京,Jul.30-Aug.1, 2013.

尾宮匠人,堀田一弘,“Bag-of-Wordsを用いた共起ヒストグラムに
よる画像ラベリング,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)
,pp., 東京,Jul.30-Aug.1, 2013.

千種健司,堀田一弘,“建築材料中のアスベスト及びその他の粒子
の自動検出,”画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013),pp.,
東京,Jul.30-Aug.1, 2013.

近藤真暉,堀田一弘, “動的輪郭モデルを用いた唇輪郭の自動抽出と
発話認識への応用,” 電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッショ
ン, Mar. 2013.

堀田一弘,"機械学習を用いた細胞内画像からの対象計数および追跡,”
バイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ2012, 神戸,Nov. 2012.

伊藤翔平,堀田一弘, "クラスタリングにより作成したマスクパターンを用いた行動認識,"
電子情報通信学会総合大会, D-12-16, Mar. 2012.

熊谷章平,堀田一弘, "識別器を用いた細胞内画像からの輝点検出と輝点の
半径推定," 電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッション, Mar. 2012.

丹羽貴也,堀田一弘, "背景推定を用いたwnt3a 画像からの輝点検出,"
電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッション, Mar. 2012.

堀田一弘,"細胞内画像からの対象計数と対象追跡," 日本生化学会,京都,
Sept. 2011.

岡部敏明,堀田 一弘, "移動領域の予測を用いたメラノソーム追跡率の向上
,”FIT2011, 函館, Sept.2011.

熊谷 章平,伊藤 友洋, 堀田 一弘, "細胞内画像からの輝点計数 -回帰による
計数と識別器による直接的計数の比較-," FIT2011, 函館, Sept.2011.

堀田一弘,"パーティクルフィルタによる適応的重み推定とAdaboost による
判定基準マイニングを用いたシーン識別," 画像の認識・理解シンポジウム,Jul. 2011.

堀田 一弘,岡部敏明,伊藤友洋,“統計的パターン認識に基づく細胞内画像
からの輝点計数と追跡,” 新学術領域研究 細胞内ロジスティクス 第3回
班会議,pp.43,鳥羽シーサイドホテル,三重県,Jun.1-3 2011.

伊藤友洋,熊谷章平,堀田 一弘, “統計手法を用いた細胞内画像からの
輝点計数,” 新学術領域研究 細胞内ロジスティクス 第3回班会議,pp.60,
鳥羽シーサイドホテル,三重県,Jun.1-3 2011.

岡部敏明,堀田 一弘,“SIFT特徴点削減とBayesの事後確率を用いたメラノソ
ーム追跡,” 新学術領域研究 細胞内ロジスティクス 第3回班会議,pp.59,鳥羽シ
ーサイドホテル,三重県,Jun.1-3 2011.

岡部敏明,堀田一弘,“画像拡大によるメラノソーム追跡の精度向上,”
電子情報通信学会総合大会, 学生ポスターセッション, Mar. 2011.

堀田一弘,"パターン認識手法を用いた細胞内画像処理,”バイオイメージ・インフォ
マティクス ワークショップ2011, 理化学研究所横浜研究所,Jan.28-29, 2011.

堀田一弘,"Visual Wordsから構築したカーネル主成分空間内での
局所共起特徴を用いたシーン識別," 画像の認識・理解シンポジウム,Jul. 2010.

森口慶崇、堀田一弘、高橋治久,"局所特徴及び大局特徴を用いたSVRFによる
顕微鏡画像からのアスベスト検出," 画像の認識・理解シンポジウム,Jul. 2010.

伊藤友洋、堀田一弘,"高次局所自己相関特徴と回帰分析を用いたオート
ファゴソーム輝点の計数,"
第13回画像の認識・理解シンポジウム MIRU2010 サテライトワークショップ
「細胞内画像処理」,Jul. 2010.


岡部敏明、堀田一弘,"SIFT特徴とBayesの事後確率を用いたGriscelli症候群
メラノサイトにおけるメラノソームの追跡,"
第13回画像の認識・理解シンポジウム MIRU2010 サテライトワークショップ
「細胞内画像処理」,Jul. 2010.



DESIGN BY YEAR OF THE CAT