• 入試情報(本学サイトリンク)
文字サイズ変更

電気電子工学科の教育について

電気電子工学分野は、電気エネルギーから情報通信までの幅広い領域を含んでいます。そこで本学科では、一人ひとりの学生が早い段階で将来の進路に応じた有意義な学びを展開できるよう、「電気工学コース」と「電子システムコース」の2コース制を導入。「電気工学コース」では電気エネルギーや半導体、ナノテクの分野を中心とした教育を、「電子システムコース」はロボット制御や情報通信の分野に組み込みシステムの分野を加えた教育を行いながら、社会の要請に応えられる優秀な技術者を育成していきます。

コースの選択は、電気電子工学のことを理解した上で2年次に行います。
原則として定員はなく、希望するコースを履修することが可能です。
電気工学コースは「電気主任技術者」、電子システムコースは「電気通信主任技術者」の資格取得に有利なカリキュラムで構成されています。

専門教育のカリキュラムは、

  • (1)電気電子工学の基本となる「電気磁気学」「電気•電子回路」「デジタル回路」「プログラミング」など、
  • (2)エネルギーや環境について学ぶ「エネルギー工学」「電気機器工学」「高電圧工学」など、
  • (3)電子物性やデバイスについて学ぶ「電気電子物性論」「半導体工学」「電気化学」など、
  • (4)システムや情報通信について学ぶ「制御工学」「通信システム」「ネットワーク」「データベース」など、
  • (5)実感教育の核となる「電気電子ゼミナール」「電気電子工学実験」など

で編成されています。

Pick up 学科の科目

電気磁気学

テレビやラジオには電磁波が、電気自動車には電磁力が用いられているように、電気磁気学の応用技術は生活のさまざまなシーンに活かされています。この授業では、電荷と電場、電流と磁場、電磁誘導と電磁場などを定量的に表す方法と考え方を学んでいきます。
(写真は磁場でコマが浮いて回っている様子)

電子回路

携帯電話やパソコンなどを構成している電子回路素子。この授業では、ダイオードやトランジスタ、集積回路など電子回路素子の構造や電気的な性質を学習します。またトランジスタを用いた増幅回路や発振回路、アナログ変調回路などの動作原理も学ぶほか、ブレッドボードを使った実験も行います。

デジタル回路

パソコンや携帯電話をはじめ、DVDプレーヤー、テレビなど、ハイテク機器に採用されているデジタル回路。この授業では、デジタル技術のベースとなるデジタル回路について、その動作原理やロジックの設計技術をマスターします。さらに、ハードウェア記述言語を使った電卓の設計開発などの演習も行います。

プログラミング

CPUやDSPは多くの製品に組み込まれており、それらをコントロールするプログラミングについての深い理解が求められています。この授業では、C言語によるプログラミングの実践を通して、プログラムの基本、プログラミング技法、計算機プログラミングにおける基本的かつ重要なアルゴリズムを学んでいきます。

組み込みシステム

組み込みシステムとは、機器の内部に組み込まれたコンピュータシステムのこと。CPUやメモリの低価格化が進んだ結果、身のまわりにあるほとんどの機械には何らかの組み込みシステムが搭載されるようになりました。そうした時代の流れを受けて、この授業では、組み込みシステムの開発ができる基礎レベルの知識を学びます。

エネルギー工学

地球温暖化対策として、新エネルギー導入や効率的なエネルギーの利用への関心が高まっています。この授業では、火力、水力、原子力をはじめ、新エネルギーである太陽光や風力などの発電システムを学ぶとともに、発電所から各家庭や工場への電気の流れを監視•コントロールする送•変電、配電の仕組みを学びます。

通信システム

携帯電話やインターネットなど現代の通信システムを理解するためには、通信の基本となる無線や有線の変復調技術を学ぶ必要があります。この授業では、電波や光ファイバーに情報を乗せて送受信するしくみを理解するため、アナログとデジタルの変復調方式について学びます。